流行らなそうな格闘漫画の主人公、未だ大きすぎる差に愕然とする

ごく普通のオタク格闘青年(身長2m超)は、間合いに入られたと思った次の瞬間には天を仰いでいた。あまりにも圧倒的すぎる身体能力の前には、強くなったと思っていた自分の力もこれまで磨いてきた技術もまるで通用しなかった。これほどまでに通用しないとは思っていなかった青年は、強い無力感を味わった…… im8866693の続き。このイラストの続きim8879281 強くなっていたつもりだった青年でしたが、未だにフレンズの身体能力には…
投稿日:2019年01月13日 00:26:27

関連画像

関連商品